190804_02_00

毎月の給料が記載されている給与明細。
「手取り額しか見ていない」という人が多いのではないでしょうか?
しかし会社が誤って計算している場合もあるので、損をしないためにも、残業代などの手当や、給料から引かれる税金、社会保険料などのこともきちんと確認しておきましょう。

給与明細は「勤怠」「支給」「控除」の3項目から構成されています。
それぞれについて、簡単に解説していきます。

【勤怠】出勤日数や残業時間にミスはないか

「勤怠」は、その月にどれだけ働いたのかが記載されている項目。
出勤日数、欠勤日数、遅刻日数・早退日数、有休日数(有休を何日消化したか)、休日出勤、残業時間、深夜残業などが書かれています。

チェックポイント
勤怠の数字をもとに残業代などが計算されるので、タイムカードなどで申請した通りになっているか、必ず確認しましょう。

【支給】基本給や手当が正しく支払われているか

「支給」は、その月の労働に対して会社から支払われる金額が記載されている項目。
基本給のほか、通勤手当、家族手当、住宅手当、時間外労働手当など各種手当があります。

チェックポイント
基本給
会社が定めている基本賃金で、金額の変動はありませんが、昇給・昇級があったときは正しい金額が記載されているか要確認。
時間外労働手当
「勤怠」の数字と照らし合わせて、残業した分などが支払われているか確認しましょう。
その他の手当
引っ越し、結婚や子どもが生まれたなど、環境が変わった場合には、各種手当に反映されているか確認しましょう。

【控除】前月と大きな増減がない

「控除」は、毎月、総支給額(基本給に諸手当を加えた合計)から差し引かれる社会保険料、税金などが記載される項目。
総支給額から控除の合計額を差し引いたものが、「手取り額」です。
大きく以下のような種類があります。
社会保険料
健康保険料、厚生年金保険料雇用保険料、介護保険料
税金
所得税、住民税
その他
財形貯蓄、社内預金の積立金など

「控除」は、前月と大きな増減があるかどうかを確認することが基本。
さらに次のチェックポイントに注意し、誤りがないか確かめましょう。

チェックポイント
健康保険料と厚生年金保険料は、新たな保険料に変わる9月、10月に注意!
月々の保険料を算出する基準になっているのは「標準報酬月額」。これは4~6月の3カ月間に支払われた総支給額の平均の平均のことです。
4~6月に給料が上がったわけではないのに、保険料が大きく上がっていたら経理担当者などに確認を。
反対に給料が上がったのに保険料が下がった場合も、見逃してはいけません。
差し引かれる保険料が少なければ手取り額は増えますが、年をとったときに受け取れる年金額が低くなるなど、将来、損をする可能性があります。

所得税は、年末調整の仕組みをチェック!
所得税は1月から12月までの1年間の収入に対して課される税金です。
その月の総支給額、社会保険料、扶養家族の数を基準に計算された金額を仮の税額とし、毎月、給料から天引きされています。
その後、1年間の収入額を計算し直し、年末調整で過不足金額を調整します。
年末調整に必要な書類は、毎年秋に会社から渡されるので、きちんと手続きをしましょう。


給与明細にはさまざまな情報が書かれており、あなたの1カ月の勤務状況と収入の内訳を示す貴重な資料です。
将来に備えての貯蓄計画にも活かせるので、毎月しっかりチェックしましょう。


会員登録不要!企業の口コミも自由に見れる
ボタン01

ボタン02


▼「LINEキャリア」公式アカウント
友だち追加
▼「LINEキャリア」サイトTOP
https://career.line.me